January

SuMoTuWe ThFrSa
123
456 78910
1112 13141516 17
181920 2122 2324
2526272829 3031
9日(金)文献紹介
研究室開き
16日(金)文献紹介
23日(金)修論 研究室発表


December

SuMoTuWe ThFrSa
123 456
789 10111213
1415 16171819 20
212223 2425 2627
28293031
5日(金)修論中間発表
6日(土)物理学会(支部会)
12日(金)文献紹介
セミナー
19日(金)文献紹介
セミナー
22日(月)研究室閉め


November

SuMoTuWe ThFrSa
1
234 5678
910 11121314 15
1617181920 2122
2324252627 2829
30
14日(金)文献紹介
セミナー
21日(金)文献紹介
セミナー
28日(金)文献紹介
セミナー


October

SuMoTuWe ThFrSa
1 234
567 8910 11
1213 14151617 18
1920 21222324 25
26 27382930 31
3日(金)文献紹介
修論構想
10日(金)文献紹介
セミナー
17日(金)文献紹介
秋刀魚パーティー
24日(金)文献紹介
セミナー
31日(金)文献紹介
セミナー


September

SuMoTuWe ThFrSa
123 456
789 101112 13
1415 16171819 20
2122 23242526 27
28 2930
5日(金)文献紹介
研究室開き
12日(金)文献紹介
26日(金)文献紹介


August

SuMoTuWe ThFrSa
123
456 789 10
1112 13141516 17
1819 20212223 24
25 26272829 30 31


July

SuMoTuWe ThFrSa
12 345
678 91011 12
1314 15161718 19
2021 22232425 26
27 28293031
4日(月)コロキウム
18日(金)文献紹介
セミナー
25日(金)文献紹介
研究室閉め


June

SuMoTuWe ThFrSa
1234 567
8910 11121314
151617181920 21
2223 24252627 28
29 30
6日(金)文献紹介
7日(土)、8日(日)遠足
13日(金)セミナー
20日(金)セミナー
27日(金)セミナー

May

SuMoTuWe ThFrSa
1 23
4 5678 910
1112 13141516 17
18 192021 222324
252627 28293031
2日(金)文献紹介
9日(金)文献紹介
16日(金)文献紹介
23日(金)文献紹介
セミナー
30日(金)文献紹介
セミナー

April

SuMoTuWe ThFrSa
12 345
678 91011 12
1314 15161718 19
2021 22232425 26
27 282930
7日(月)研究室会議
11日(金)文献紹介
セミナー
18日(金)文献紹介
セミナー
23日(水)博士中間発表
25日(金)文献紹介
新入生歓迎会

March

SuMoTuWe ThFrSa
1
234 567 8
910 11121314 15
1617 18192021 22
23 24252627 2829
3031
7日(金)文献紹介
セミナー
10日(月)セミナー
14日(金)文献紹介
4年卒論発表会
M2追い出し
研究室閉め
19日(水)セミナー

February

SuMoTuWe ThFrSa
12
345 678 9
1011 12131415 16
1718 19202122 23
24 25262728 29
1日(金)文献紹介
6日(水)図書整理
8日(金)文献紹介
14,15日修論発表会
22日(金)文献紹介
セミナー
29日(金)文献紹介
セミナー


January

SuMoTuWe ThFrSa
12 345
678 91011 12
1314 15161718 19
2021 22232425 26
27 28293031
7日(月)研究室開き
11日(金)文献紹介
18日(金)文献紹介
セミナー
渡邊氏激励会
23〜25日集中講義
(水〜金)
29日(火)D論公聴会
31日(木)修論予備審査


行事予定Schedule

   セミナー等は通常 理学部 2号館 2623号室にて行われます。


2008年 12月 22日 (月)
研究室閉め 18:00-

2008年 12月 19日 (金)
セミナー 15:30-
橋本 道雄 氏 (The University of Western Ontario)
"Dynamical origin of heavy Higgs decoupling properties"
文献紹介 13:30-
原田 恒司
"On-shell Consistency of the Rarita-Schwinger Field Formulation"
H. Krebs, E. Epelbaum, Ulf-G Meissner
arXiv:0812.0132 [hep-ph]

2008年 12月 12日 (金)
セミナー 15:30-
宗 博人 氏 (愛媛大)
"格子超対称性の実現とno-go定理"
文献紹介 13:30-
山津 直樹
"Minimal Supersymmetric Left-Right Model"
K.S. Babu, Rabindra N. Mohapatra
Phys. Lett. B668 (2008) 404-409 (arXiv:0807.0481 [hep-ph])

2008年 12月 5日 (金)
修論中間発表 13:30-
M2

2008年 11月 28日 (金)
セミナー 15:30-
山崎 剛 氏 (京都大 基研)
"ΔI = 3/2 kaon weak matrix elements with non-zero total momentum lattice"
文献紹介 13:30-
二宮 温
"Functional renormalization for Bose-Einstein Condensation"
S. Floerchinger and C. Wetterich
arXiv:0801.2910 [cond-mat]

2008年 11月 21日 (金)
セミナー 15:30-
川村 嘉春 氏 (信州大)
"Beyond Grand Unified Theories on Z_2 Oribifold"
文献紹介 13:30-
岩下 裕一
"Marginal Deformations as Lower Dimensional D-brane Solutions in Open String Field Theory"
Bum-Hoon Lee, Chanyong Park, D. D. Tolla
arXiv:0710.1342 [hep-th]

2008年 11月 14日 (金)
セミナー 15:30-
植草 宣弘 氏 (大阪大)
"The lightest Higgs boson mass in effective field theory with bulk and brane supersymmetry breaking"
文献紹介 13:30-
山本 圭介
"Observing The Hidden Sector","Hidden-Sector Dynamics and the Supersymmetric Seesaw"
Bruce A. Campbell, John Ellis, David W. Maybury
arXiv:0810.4877v1 [hep-ph], arXiv:0810.4881v1 [hep-ph]

2008年 10月 31日 (金)
セミナー 15:30-
林 博貴 氏 (東京大)
"New Aspects of Heterotic-F theory Duality"
文献紹介 13:30-
久保 博史
"Renormalization Group Theory for the Imbalanced Fermi Gas"
K.B. Gubbels, H.T.C. Stoof
Phys. Rev. Lett. 100 (2008) 140407

2008年 10月 24日 (金)
セミナー 15:30 -
大木 洋 氏 (京都大)
"Magnetized orbifold models"
文献紹介 13:30 -
石原 雅文
"Pair creation in non-extremal fuzzball geometries"
Borun D. Chowdhury, Samir D. Mathur
arXiv:hep-th/0806.2309

2008年 10月 17日 (金)
文献紹介 13:30 -
田港 朝貴
"Gauge invariance and a possible mechanism of color confinement"
Taichiro Kugo
Phys. Lett. B83 (1979) 93
秋刀魚パーティー 18:00 -

2008年 10月 10日 (金)
セミナー 15:30 -
谷本 盛光 氏 (新潟大)
"Soft Slepton Masses and A-terms from Discrete Flavor Symmetry"
文献紹介 13:30 -
榮田 達也
"An effective field theory for collinear and soft gluons:heavy to light decays"
Christian W.Bauer,Sean Fleming,Dan Pirjol,and Iain W.Stewart
arXiv:hep-ph/0011336

2008年 10月 3日 (金)
文献紹介 13:30 -
澤中 英之
"Generic Friedberg-Lee Symmetry of Dirac Neutrinos"
Shu Luo, Zhi-zhong Xing, Xin Li
hep-ph arXiv:0809.0781
修論構想 15:30 -
M2

2008年 9月 26日 (金)
文献紹介 13:30: -
一色 弘
"Non-Abelian Berry Phases and BPS Monopoles"
Julian Sonner, David Tong
hep-ph arXiv:0809.3783

2008年 9月 12日 (金) 13:30 - 文献紹介
  • 原田 恒司
    "Renormalization-group analysis for low-energy scattering of charged particles"
    S. Ando and M. Birse
    Phys. Rev. C78, 024004 (2008), hep-ph arXiv:0804.3050

2008年 9月 5日 (金) 13:30 - 文献紹介
  • 小島 健太郎
    "Higgs Boson Exempt No-Scale Supersymmetry with a Neutrino Seesaw: Implications for Lepton Flavor Violation and Leptogenesis"
    Eung Jin Chun, Jason L. Evans, David E. Morrissey, James D. Wells
    hep-ph arXiv:0804.3050

2008年7月 25日 (金) 13:30〜 文献紹介

2008年7月 18日 (金) 15:30〜 セミナー
  • 寺嶋 靖治 氏(基研)
  • "A New N=4 Membrane Action via Orbifold"

2008年7月 18日 (金) 13:30〜 文献紹介

2008年7月 4日 (金) 13:30〜 コロキウム
  • 山津 直樹
    "Noncompact Horizontal Symmetry and Strong CP Problem"

2008年6月 27日 (金) 15:30〜 セミナー
  • 高橋 圭次郎 氏(KEK)
  • "大統一理論とヘテロ弦模型"

2008年6月 27日 (金) 13:30〜 文献紹介

2008年6月 20日 (金) 15:30〜 セミナー
  • 青木 一 氏(佐賀大)
  • "Index theorem in gauge theories on noncommutative geometries"

2008年6月 13日 (金) 13:30〜 セミナー
  • 宝利 剛 氏(大阪市大)
  • " A Classification of Spacetimes with a Closed Conformal Killing-Yano 2-form"

2008年6月 6日 (金) 13:30〜 文献紹介
  • 岩下 裕一
    "Universality of the tachyon potential"
    A.Sen
    hep-th/9911116

2008年5月 30日 (金) 15:30〜 セミナー
  • 三輪 光嗣 氏(東大)
  • "Wilson loop in AdS/CFT Correspondence"

2008年5月 23日 (金) 15:30〜 セミナー
  • 高橋 亮 氏(大阪大)
  • "Tri-bimaximal Mixing from Cascades"

2008年5月 23日 (金) 13:30〜 文献紹介

2008年5月 16日 (金) 13:30〜 文献紹介
  • 石原 雅文
    "Closed String Tachyons on AdS Orbifolds and Dual Yang-Mills Instantons"
    Y. Hikida, N. Iizuka
    hep-th arXiv:0706.2742

2008年5月 9日 (金) 13:30〜 文献紹介
  • 澤中 英之
    "Flavon Inflation"
    S.Antusch, S.F.King, M.Malinsky, L.Velasco-Sevilla, I.Zavala
    hep-ph arXiv:0805.0325

2008年5月 2日 (金) 13:30〜 文献紹介
  • 一色 弘
    "Skyrmions in Yang-Mills Theories with Massless Adjoint Quarks"
    R. Auzzi, S. Bolognesi, N. Shifman
    hep-ph arXiv:0804.0229

2008年4月 25日 (金) 13:30〜 文献紹介
  • 原田 恒司
    "I=2 Two-Pion Wave Function and Scattering Phase Shift"
    K. Sasaki, N. Ishizuka
    hep-ph arXiv:0804.2941

2008年4月 18日 (金) 15:30〜 セミナー
  • 大村 雄司 氏(京大)
  • " Metastable supersymmetry breaking vacua from conformal dynamics "

2008年4月 18日 (金) 13:30〜 文献紹介
  • 山津 直樹
    "Lorentz Violation, Electrodynamics, and the Cosmic Microwave Background"
    M. Mewes
    hep-ph arXiv:0804.0269

2008年4月 11日 (金) 15:30〜 セミナー
  • 松浦 壮 氏(NBI)
  • " Relation among Supersymmetric Lattice Gauge Theories and Matrix Theories "

2008年4月 11日 (金) 13:30〜 文献紹介
  • 小島健太郎
    "Constraints on the rare tau decays from mu --> e gamma in the supersymmetric see-saw model"
    A. Ibarra and C. Simonetto,
    hep-th arXiv:0802.3858

2008年4月 7日 (月) 13:30〜 研究室会議
  • 席決め

2008年3月 19日 (水) 15:30〜 セミナー
  • Prof. Jihn E. Kim (Seoul National Univ.)
  • " String compactification and unification of forces "

2008年3月 14日 (金) 13:30〜 文献紹介
  • 岩下 裕一


2008年3月 10日 (月) 15:30〜 セミナー
  • 前川展祐 氏 (名大)
  • " E6 unification for SUSY CP problem and anomalous U(1) GUT "

2008年3月 7日 (金) 16:00〜 セミナー
  • 新原祐喜 氏 (東大)
  • "Inflation models from the view point of gravitino production."

2008年3月 7日 (金) 13:30〜 文献紹介
  • 山本圭介
    " Constraining Non-Standard Neutrino-Electron Interactions "
    J. Barranco, O. G. Miranda, C. A. Moura, J. W. F. Valle
    hep-ph arXiv:0711.0698

2008年2月 29日 (金) 15:00〜 セミナー
  • 諸井 健夫 氏 (東北大)
  • "Decay of Scalar Condensation in Quantum Field Theory"

2008年2月 29日 (金) 13:30〜 文献紹介
  • 久保博史
    " $\alpha\alpha$ Scattering in Halo Effective Field Theory "
    R. Higa, H.-W. Hammer, U. van Kolck
    nucl-th arXiv:0802.3426

2008年2月 22日 (金) 15:30〜 セミナー
  • 向山信治氏 (東大)
  • "Rapid roll Inflation with Conformal Coupling "

2008年2月 22日 (金) 13:30〜 文献紹介
  • 石原 雅文
    " Gluon scattering amplitudes at strong coupling "
    Luis F. Alday, Juan Maldacena
    hep-th arXiv:0705.0303

2008年2月 14日 (木)、15日(金)  修論発表会

2008年2月 8日 (金) 13:30〜 文献紹介
  • 澤中 英之
    " Flavor Ratios of Astrophysical Neutrinos: Implications for Precision Measurements "
    Sandip Pakvasa, Werner Rodejohann, Thomas J. Weiler
    hep-ph arXiv:0711.4517

2008年2月 6日 (水) 10:00〜 図書整理

2008年2月 1日 (金) 13:30〜 文献紹介
  • 一色弘
    "Wilson loop and magnetic monopole through a non-Abelian Stokes theorem"
    Kei-Ichi Kondo (Chiba Univ., Japan)
    hep-th arXiv:0801.1274

2008年1月 31日 (木) 13:30〜 修論予備審査

2008年1月 29日 (火) 10:30〜 学位論文公開講演会
  • 小島 健太郎
  • "Unified flavor structure and superparticles"
    物理教室 第一会議室

2008年1月 23日 (水)〜25日(金)  集中講義
  • 青木健一氏 (金沢大)
  • 「くりこみ群」
    場所:理学部2号館 大学院講義室(2263号室)
    講義の目的:
    物理学の広い領域で活用されている「くりこみ群」の基本概念と 基礎的な応用について学ぶ。
    講義の概要:
    くりこみ群の基本的な概念について、ランダムウォークを例にとっ て理解する。その中で、確率論の概念である中心極限定理が重要な 役割を果たすことを見る。次に、量子力学の経路積分表示を導き、 量子力学を確率的な言葉で記述する方法を得る。そこでは、経路 積分は統計力学における統計和の計算に対応する。最も簡単な系 としてイジング模型をとり、くりこみ群による解析を行う。相転 移についての知見をくりこみ群からどのように導くかを具体的に 説明し、くりこみ群による無限自由度系の解析の基本戦略を示す。
  •  
    日程:
    1 月23 日(水):
    10:30 ― 12:00, 13:30 ― 15:45, 16:00 ― 17:00 (教室談話会)*
    1 月24 日(木):
    10:30 ― 12:00, 13:30 ― 15:00, 15:30 ― 17:00
    1 月25 日(金):
    10:30 ― 12:00

    教室談話会
    講演題目: 量子摩擦と1次元系の自発的対称性の破れ 講師: 青木健一氏(金沢大学自然科学研究科・教授) 日時: 1 月23 日(水) 16:00 ― 17:00 場所: 大学院講義室(2263 室) 講演の概要 量子摩擦を環境自由度へのエネルギー散逸として記述すると時間 非局所な有効相互作用が現れる。これを統計系としてみると1次 元に並んだ自由度の長距離相互作用となり、その自発磁化の相転 移点が、量子古典相転移の臨界摩擦を決定する。長距離相互作用 下での臨界点を評価するために、Block Decimation Renormalization Group とFinite Range Scaling を提案する。

2008年1月 18日 (金) 15:30〜 セミナー
  • 荒木威 氏 (金沢大)
  • "Anomalies of non-abelian discrete flavor symmetries"

2008年1月 18日 (金) 13:30〜 文献紹介
  • 渡邊篤史
    "Warped Phenomenology in the Holographic Basis"
    Brian Batell, Tony Gherghetta
    hep-ph arXiv:0710.1838

2008年1月 11日 (金) 13:30〜 文献紹介
  • 原田恒司
    "Standard Model Gauging of the WZW Term: Anomalies, Global Currents and pseudo-Chern-Simons Interactions"
    Jeffrey A. Harvey, Christopher T. Hill, Richard J. Hill
    hep-th arXiv:0712.1230