December

SuMoTuWe ThFrSa
12 345
678 9101112
13141516 171819
202122 23242526
272829 3031
4日(金)セミナー
18日(金)院生シンポ
25日(金)セミナー
研究室閉め

November

SuMoTuWe ThFrSa
1234 567
8910 11121314
15161718 192021
222324 25262728
2930
6日(金)文献紹介
13日(金)文献紹介
20日(金)セミナー
27日(金)修論構想

October

SuMoTuWe ThFrSa
123
456 78910
11121314 151617
181920 21222324
252627 282930
2日(金)文献紹介
9日(金)修論構想
16日(金)文献紹介
23日(金)セミナー
30日(金)セミナー
秋刀魚パーティー

September

SuMoTuWe ThFrSa
12 345
678 9101112
13141516 171819
202122 23242526
272829 30
4日(金)文献紹介
研究室開き
18日(金)コロキウム
25日(金)文献紹介

August

SuMoTuWe ThFrSa
1
234 5678
9101112 131415
161718 19202122
232425 26272829
3031

July

SuMoTuWe ThFrSa
1 234
567 891011
12131415 161718
192021 22232425
262728 293031
3日(金)文献紹介
10日(金)文献紹介
17日(金)コロキウム
29日(水)ILC講演会
31日(金)研究室閉め

June

SuMoTuWe ThFrSa
123 456
789 10111213
14151617 181920
212223 24252627
282930
5日(金)文献紹介
12日(金)コロキウム
19日(金)文献紹介
26日(金)セミナー

May

SuMoTuWe ThFrSa
12
345 6789
10111213 141516
171819 20212223
242526 27282930
31
1日(金)コロキウム
15日(金)文献紹介
22日(金)コロキウム
23-24日遠足
29日(金)セミナー

April

SuMoTuWe ThFrSa
1 234
567 891011
12131415 161718
192021 22232425
262728 2930
10日(金)研究室会議
研究室開き
17日(金)文献紹介
24日(金)文献紹介
新歓コンパ

March

SuMoTuWe ThFrSa
1234 567
8910 11121314
1516 1718 192021
222324 25262728
293031
6日(金)文献紹介
特研発表
23日(月)追い出し会

February

SuMoTuWe ThFrSa
1234 567
8910 11121314
1516 1718 192021
222324 25262728
6日(金)文献紹介
20日(金)文献紹介
27日(金)セミナー

January

SuMoTuWe ThFrSa
123
456 78910
1112 13141516 17
181920 2122 2324
2526272829 3031
9日(金)文献紹介
研究室開き
16日(金)文献紹介
23日(金)修論 研究室発表
30日(金)文献紹介

行事予定 Schedule

セミナー等は通常 理学部 2号館 2623号室にて行われます。

2009年 12月 25日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 瀬名波栄問 氏 (清華大学 国家理論科学研究センター)
    • "Electroweak bubble wall and sphaleron decoupling condition in the MSSM revisited"
    • According to the recent experimental data such as LEP and B physics, the possibility of the light Higgs boson in the MSSM is quite limited. On the other hand, it is well known that to realize the strong first order phase transition the light Higgs boson is favored. To work out the issue, the theoretical uncertainties must be reduced. In particular, the refined sphaleron decoupling condition is indispensable. In this talk, I first talk about the tension caused by the experimental data, then discuss the electroweak phase transition including the nucleation of bubble wall. Then I present the sphaleron decoupling condition at the nucleation temperature. Not only the sphaleron energy but also the zero-mode factors of the fluctuation around sphaleron are taken into account. Finally, I remark the necessary calculations to pin down the remaining issues.

    • 資料 (PDF) 研究室内からのみアクセス出来ます。
  • 研究室閉め 18:00-

2009年 12月 18日 (金)

  • 院生企画 シンポジウム 10:30-18:00

2009年 12月 4日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 米倉和也 氏 (東京大学)
    • "Conformal Supersymmetry Breaking in Vector-like Gauge Theories"
    • We discuss a new class of models of dynamical supersymmetry breaking. The models are based on SU(N_C) gauge theories with N_F (less than N_C) flavors of quarks and singlets. It is well known that dynamically generated superpotential exibits runaway behavior. Then naively, vevs of scalar fields go to infinity, and such theories seem to have no well-defined vacua. We show that by embedding the theories into conformal field theories at high energies, the runaway potential is stabilized by strong quantum corrections to the Kahler potential. The quantum corrections are large but nevertheless can be controlled due to superconformal symmetry of the theories.

    • 資料 (PDF) 研究室内からのみアクセス出来ます。

2009年 11月 27 (金)

  • 修論構想 14:00-

2009年 11月 20日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 兼村晋哉 氏 (富山大学)
    • "A TeV scale model for neutrino masses, dark matter and baryon asymmetry without fine tuning"
    • 輻射シーソー模型は、ファインチューニングなしにTeVスケールの物理によってニュートリノ微小質量を説明でき、かつ加速器実験で検証可能な魅力ある模型である。離散的対称性のもと、拡張ヒッグスセクターとTeVスケール右巻きニュートリノのダイナミクスにより3ループレベルでニュートリノ微小質量を自然に生成し、同時に暗黒物質の候補を含み、かつ電弱バリオン数生成のシナリオが可能な模型を作った。その性質と現象論を議論する。

    • 資料 (PDF) 研究室内からのみアクセス出来ます。

2009年 11月 13日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 久保幸貴
    • "Relativistic Quantum Mechanics of One-Dimensional Mechanical Continuum and Subsidiary Condition of Dual Resonance Model"
    • Tetsuo GOTO
    • Prog. Theor. Phys. 46 (1971) 1560

2009年 11月 6日 (金)

  • 文献紹介 14:00-

2009年 10月 30日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 阿部智広 氏 (名古屋大学)
    • "3サイトヒッグスレス模型における電弱精密測定とフレーバーの物理"
    • The three site Higgsless model is a highly-deconstructed Higgsless model with only three sites. In this model, we show that the KK gauge boson mass, KK fermon mass, and the KK gauge boson couplings with light quarks and leptons are severely constrained by the electroweak preision data. Especially we find that perfect fermiphobity of KK gauge boson is ruled out by the precision data. We also compute the flavor dependent chiral logarithmic corrections to the decay Z to b bbar. We find that the phenomenological constraints on this model arising from measurements of Z to b bbar are relatively mild, requiring only that the heavy Dirac fermion be heavier than 1 TeV or so, and are satisfied automatically in the range of parameters allowed by the electroweak precision data.

    • 資料 (PDF) 研究室内からのみアクセス出来ます。
  • 秋刀魚パーティー 18:00-

2009年 10月 23日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 坂本眞人 氏 (神戸大学)
    • "Horava-Lifshitz gravity"
    • 資料 (PDF) 研究室内からのみアクセス出来ます。

2009年 10月 16日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 上農和人
    • "All possible generators of supersymmetries of the S-matrix"
    • Rudolf Haag, Jan T. Lopuszanski, Martin Sohnius
    • Nucl. Phys. B88 (1975) 257

2009年 10月 9日 (金)

  • 修論構想 14:00-
    • M2

2009年 10月 2日 (金)

2009年 9月 25日 (金)

  • 文献紹介 14:00-

2009年 9月 18日 (金)

  • コロキウム 14:00-
    • 小島健太郎

2009年 9月 4日 (金)

2009年 7月 31日 (金)

  • 研究室閉め 18:00-

2009年 7月 29日 (水)

  • 講演会 16:00-17:30
    • 駒宮幸男 氏 (東京大学)
    • "素粒子と宇宙の謎を解く国際リニアコライダーILC"
    • 詳細はこちら

2009年 7月 24日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 高橋亮 氏 (京都大学 基礎物理学研究所)
    • "Top Yukawa Deviation in Extra Dimension"
    • We suggest a simple one-Higgs-doublet model living in the bulk of five-dimensional spacetime compactified on $S^1/Z_2$, in which the top Yukawa coupling can be smaller than the naive standard-model expectation, i.e. the top quark mass divided by the Higgs vacuum expectation value. If we find only single Higgs particle at the LHC and also observe the top Yukawa deviation, our scenario becomes a realistic candidate beyond the standard model. The Yukawa deviation comes from the fact that the wave function profile of the free physical Higgs field can become different from that of the vacuum expectation value, due to the presence of the brane-localized Higgs potentials. In the Brane-Localized Fermion scenario, we find sizable top Yukawa deviation, which could be checked at the LHC experiment, with a dominant Higgs production channel being the WW fusion. We also study the Bulk Fermion scenario with brane-localized Higgs potential, which resembles the Universal Extra Dimension model with a stable dark matter candidate. We show that both scenarios are consistent with the current electroweak precision measurements.

    • arXiv:0904.0313v1 [hep-ph]
    • 資料 (PDF) 研究室内からのみアクセス出来ます。

2009年 7月 17日 (金)

  • コロキウム 14:00-
    • 山津直樹
    • "ノンコンパクトゲージ理論とゴースト問題"

2009年 7月 10日 (金)

2009年 7月 3日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 田港朝貴
    • "Gravitational Dual of Tachyon Condensation"
    • Gary W. Gibbons, Koji Hashimoto, Shinji Hirano
    • arXiv:0906.0401v2 [hep-th]

2009年 6月 26日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 野村敬明 氏 (埼玉大学)
    • "The Universal Extra Dimensional Model with S^2/Z_2 extra space"
    • We propose a new Universal Extra Dimensional model that is defined on a six-dimensional spacetime which has a two-sphere orbifold S^2/Z_2 as an extra space. We specify our model by choosing the gauge symmetry as Standard Model gauge symmetry with extra U(1), introducing field contents in six dimensions as their zero modes correspond to the Standard model particles, and determining a boundary condition of thesefields on orbifold S^2/Z_2. We then analyze Kaluza-Klein(KK) mode expansion of the fields in our model and derive the mass spectrum of the KK particles. We find that the lightest KK particles are the 1st KK particle of massless gauge bosons at tree level. We discuss the KK parity of the KK modes in our model and confirm the stability of the lightest KK particle which is important for dark matter physics. We also investigate Higgs boson production process via gluon fusion atLHC in our model.

    • 資料 (PDF) 研究室内からのみアクセス出来ます。

2009年 6月 19日 (金)

  • 文献紹介 14:00-

2009年 6月 12日 (金)

  • コロキウム 14:00-
    • 石原雅文

2009年 6月 5日 (金)

  • 文献紹介 14:00-

2009年 5月 29日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 竹内道久 氏 (東京大学 宇宙線研究所)
    • "ジェットイベントを用いたLHCにおけるトップパートナー再構成"

2009年 5月 23-24日

  • 遠足
    • 長崎

2009年 5月 22日 (金)

  • コロキウム 14:00-
    • 渡邊篤史
    • "The Role and Detectability of the Charm Contribution to Ultra High Energy Neutrino Fluxes"

2009年 5月 15日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 澤中英之
    • "Flavour violation at the LHC: type-I versus type-II seesaw in minimal supergravity"
    • J. N. Esteves, M. Hirsch, W. Porod, J. C. Romao, J. W. F. Valle, A. Villanova del Moral
    • JHEP05(2009)003 (arXiv:0903.1408v3 [hep-ph])

2009年 5月 1日 (金)

2009年 4月 24日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
  • 新歓コンパ 19:00-

2009年 4月 17日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 石原雅文
    • "Flavor Superconductivity form Gauge/Gravity Duality"
    • Martin Ammon, Johanna Erdmenger, Matthias Kaminski, Patrick Kerner
    • arXiv:0903.1864 [hep-th]

2009年 4月 10日 (金)

  • 研究室会議 13:30-
  • 研究室開き 18:00-

2009年 3月 23日 (月)

  • 追い出し会 18:00-

2009年 3月 6日 (金)

2009年 2月 27日 (金)

  • セミナー 15:30-
    • 奥村健一 氏 (東北大学)
    • "Sparticle masses in deflected mirage mediation"
    • We discuss the sparticle mass patterns that can be realized in deflected mirage mediation scenario of supersymmetry breaking, in which the moduli, anomaly, and gauge mediations all contribute to the MSSM soft parameters. Analytic expression of low energy soft parameters and also the sfermion mass sum rules are derived, which can be used to interpret the experimentally measured sparticle masses within the framework of the most general mixed moduli-gauge-anomaly mediation. Phenomenological aspects of some specific examples are also discussed.

2009年 2月 20日 (金)

  • 文献紹介 13:30-
    • 田港朝貴
    • "The AdS/CFT Correspondance and Non-perturbative QCD"
    • Jose D. Edelstein, Jonathan P. Shock, Dimitrios Zoakos
    • arXiv:0901.2534v2 [hep-ph]

2009年 2月 6日 (金)

  • 文献紹介 13:30-
    • 榮田達也
    • "Soft-Collinear Factorization and Zero-Bin Subtractions"
    • J. Chiu, A. Fuhrer, A.H. Hoang, R.Kelley, Aneesh V. Manohar
    • arXiv:0901.1332 [hep-ph]

2009年 1月 30日 (金)

  • 文献紹介 13:30-
    • 澤中英之
    • "Probing neutrino masses and tri-bimaximality with lepton flavor violation searches"
    • K. Kojima and H. Sawanaka
    • arXiv:0901.4812 [hep-ph]

2009年 1月 23日 (金)

  • 修論 研究室発表 13:30-
    • M2

2009年 1月 16日 (金)

  • 文献紹介 13:30-
    • 一色弘
    • "Study of the Gribov region in Euclidean Yang-Mills theories in the maximal Abelian gauge"
    • M.A.L. Capri, A.J. Gomez, V.E.R. Lemes, R.F. Sobreiro, S.P. Sorella
    • arXiv:0811.2760 [hep-th]

2009年 1月 9日 (金)

  • 研究室開き 18:00-
  • 文献紹介 15:30-
    • 小島健太郎
    • "Comparing Trimaximal Mixing and Its Variants with Deviations from Tri-bimaximal Mixing"
    • C. H. Albright and W. Rodejohann
    • arXiv:0812.0436 [hep-ph]