December

SuMoTuWe ThFrSa
1 234
567 891011
12131415 161718
19202122 232425
26272829 3031
3日(金)文献紹介
10日(金)セミナー
17日(金)セミナー
24日(金)文献紹介
研究室閉め

November

SuMoTuWe ThFrSa
123 456
789 10111213
14151617 181920
21222324 252627
282930
5日(金)文献紹介
12日(金)セミナー
19日(金)文献紹介
26日(金)文献紹介
29日(月)修論構想1
30日(火)修論構想2

October

SuMoTuWe ThFrSa
12
345 6789
10111213 141516
17181920 212223
24252627 282930
31
1日(金)修論構想
8日(金)文献紹介
15日(金)セミナー
25日(月)セミナー
29日(金)文献紹介

September

SuMoTuWe ThFrSa
1 234
567 891011
12131415 161718
19202122 232425
26272829 30
7日(火)文献紹介
研究室開き
17日(金)文献紹介
24日(金)文献紹介

August

SuMoTuWe ThFrSa
1234 567
8910 11121314
15161718 192021
22232425 262728
293031

July

SuMoTuWe ThFrSa
123
456 78910
11121314 151617
181920 21222324
252627 28293031
2日(金)文献紹介
9日(金)文献紹介
16日(金)セミナー
23日(金)コロキウム
26日(月)送別会

June

SuMoTuWe ThFrSa
12 345
678 9101112
13141516 131718
192021 19222324
252627 282930
4日(金)文献紹介
11日(金)文献紹介
18日(金)文献紹介
25日(金)セミナー
29日(火)セミナー

May

SuMoTuWe ThFrSa
1
234 5678
9101112 131415
161718 19202122
232425 26272829
3031
7日(金)文献紹介
21日(金)セミナー
28日(金)文献紹介
29, 30日遠足

April

SuMoTuWe ThFrSa
123
456 78910
11121314 151617
181920 21222324
252627 282930
9日(金)研究室開き
16日(金)セミナー
23日(金)文献紹介
30日(金)文献紹介

March

SuMoTuWe ThFrSa
123 456
789 10111213
14151617 181920
212223 24252627
282930 31
12日(金)文献紹介
16日(火)コロキウム
送別会

February

SuMoTuWe ThFrSa
123 456
789 10111213
14151617 181920
212223 24252627
28
5日(金)文献紹介
8-10日集中講義
12日(金)文献紹介
卒論発表
26日(金)文献紹介

January

SuMoTuWe ThFrSa
12
345 6789
10111213 141516
171819 20212223
242526 27282930
31
8日(金)セミナー
研究室開き
18日(月)修論発表予行
22日(金)セミナー
29日(金)文献紹介

行事予定 Schedule

セミナー等は通常 理学部 2号館 2623号室にて行われます。

2010年 12月 24日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
  • 研究室閉め 18:00-

2010年 12月 17日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 渡利泰山氏(IPMU)
    • "世代構造の起源を F-理論で論ずる"
    • 標準模型のパラメターのうち、世代、フレーバー構造に 関わるものが大半を占める。そのパラメターの数の多さは、 我々の理解の貧しさをそのまま物語るものと言える。 3+1次元時空上の有効局所場の理論の立場に立つ限り、 ゲージ対称性とローレンツ対称性を満たす項の係数の 値は何でもよい。ゲージ場の相互作用が、ゲージ対称性で 厳しく規定されているのとは、状況が著しく異なる。 その限界を超えるために、超弦理論は何がしかの役に立つだろうか? F-理論とは、超弦理論のコンパクト化の定式化の一種であるが、 このセミナーでは、なぜ世代構造の議論に F-理論を用いる のか、という点から議論を始める。そして、どのような進展が この数年で起きたかを説明したい。

2010年 12月 10日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 瀧雅人氏(基研)
    • "AGT conjecture and geometric engineering"
    • このセミナーでは、共形場理論における共形blockと超対称gauge 理論の分配関数の間 に成立していると考えられているAGT予想について議論する。 はじめに、2次元共形場理論の相関関数と、 4次元ゲージ理論の分配関数の組み合わせ論的計算手法について簡単 に解説する。 AGTの原論文のロジックに従い、両者の計算結果を比べることで AGT予想を発見法的に紹介したい。 以上の準備のもと、AGT関係の拡張として、 最近盛んに議論されている表面演算子について調べることにする。 特に超対称gauge理論における表面演算子とそのAGT対応を、 位相的string理論を用いることで理解出来ることを議論したい。 その結果、局所Calabi-Yau多様体上のcurve countingから、 表面演算子に対応したramified instanton分配関数の明示公 式が予想として与えられる。

2010年 12月 3日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 久保博史
    • "Pions in Large-$N$ Quantum Chromodynamics "
    • Steven Weinberg
    • arXiv:1009.1537

2010年 11月 30日 (火)

  • 第二回修論構想2 10:00-
    • M2

2010年 11月 29日 (月)

  • 第二回修論構想1 13:30-
    • M2

2010年 11月 26 日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 田港朝貴
    • "Holographic and Wilsonian Renormalization Groups"
    • I. Heemskerk and J. Polchinski
    • arXiv:1010.1264 [hep-th]

2010年 11月 19日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 榮田達也
    • "Near Threshold Enhancement of p pbar System and p pbar Elastic Scattering."
    • G.Y. Chen, H.R. Dong, J.P. Ma
    • arXiv:1004.5174

2010年 11月 12日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 米倉和也 (東京大学)
    • "Supercurrent and the Anomaly Puzzle"
    • In supersymmetric theories, the energy-momentum tensor, the current of supersymmetry, and the current of R symmetry forms a supermultiplet, called supercurrent. However, in the supercurrent multiplet, there is an apparent contradiction between the anomaly of the R symmetry current and the anomaly of the trace of the energy-momentum tensor, which is known as the anomaly puzzle. In my talk I first review the anomaly puzzle, and then talk about our proposal for the solution to the anomaly puzzle.

2010年 11月 5日 (金)

2010年 10月 29日 (金)

2010年 10月 25日 (月)

  • セミナー 16:30-
    • 兵藤 哲雄氏 (東工大)
    • "Compositeness of bound states and resonances in chiral unitary approach"
    • The chiral unitary approach is a dynamical framework in which the chiral low energy theorem is combined with the coupled-channel unitarity condition of the scattering amplitude. Many hadron resonances are well reproduced in this approach. In this talk, we show several recent attempts to clarify the internal structure of the resonances.

      First we propose a ``natural renormalization'' scheme using the low- energy interaction and the general principle of the scattering theory. We develop a method to distinguish dynamically generated resonances from genuine quark states [Castillejo- Dalitz-Dyson (CDD) poles] using the natural renormalization scheme and phenomenological fitting. This method is applied to the baryon resonances $\Lambda(1405)$ and $N(1535)$.

      Next the compositeness of a bound state is defined through the wavefunction renormalization constant in the nonrelativistic field theory. We apply this argument to the chiral unitary approach and derive the relation between compositeness of the bound state and the subtraction constant of the loop integral. The compositeness condition is fairly compatible with the natural renormalization scheme. We also discuss the compositeness in relativistic field theory and its relation with chiral unitary approach.

      References
      T. Hyodo, D. Jido, and A. Hosaka, Phys. Rev. C78, 025203 (2008);
      T. Hyodo, D. Jido, and A. Hosaka, arXiv:1009.5754 [nucl-th]

2010年 10月 15日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 藺藤 卓実氏 (東北大)
    • "Superparticle Mass Measurements with Long-lived Stau at the LHC"
    • If the stau lifetime is so long, a SUSY signature at the LHC experiments drastically changes from the well-studied case, neutralino-LSP scenario.In the seminar I would like to present a brief review of the long-lived stau scenario at the high-energy experiments, and then discuss (1) superparticle mass measurements (2) determination of the superparticle properties.

2010年 10月 8日 (金)

2010年 10月 1日 (金)

  • 第一回修論構想 14:00-
    • M2

2010年 9月 24日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 澤中英之
    • "Neutrino masses and the Cabibbo expansion."
    • Fu-Sin Ling
    • arXiv:1009.2371

2010年 9月 17日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 山津直樹
    • "Dimension-Six Terms in the Standard Model Lagrangian."
    • B. Grzadkowski, M. Iskrzynski, M. Misiak, J. Rosiek
    • arXiv:1008.4884 [hep-ph]

2010年 9月 7日 (火)

  • 文献紹介 14:00-
  • 研究室開き

2010年 7月 23日 (金)

  • コロキウム 14:00-
    • 石原雅文
    • "Accelerated strings and Unruh effect in holographic confining gauge theory"
  • 送別会

2010年 7月 16日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 石井貴昭 氏 (理研)
    • "Baryon with Massive Strangeness in Holographic QCD"

2010年 7月 9日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 小島健太郎
    • "Raising the Higgs mass with Yukawa couplings for isotriplets in vector-like extensions of minimal supersymmetry"
    • Stephen P. Martin
    • arXiv:1006.4186v1 [hep-ph]

2010年 7月 2日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 山本圭介
    • "General Aspects of Tree Level Gauge Mediation"
    • Marco Nardecchia, Andrea Romanino, Robert Ziegler
    • arXiv:0912.5482v1 [hep-ph]

2010年 6月 29日 (火)

  • セミナー 16:30-
    • 尾田欣也 氏 (大阪大学)
    • "Universal Extra Dimensions on Real Projective Plane"
    • We propose a six dimensional Universal Extra Dimensions (UED) model compactified on a real projective plane $RP^2$, a two-sphere with its antipodal points being identified. We utilize the Randjbar-Daemi-Salam- Strathdee spontaneous sphere compactification with a monopole configuration of an extra $U(1)_X$ gauge field that leads to a spontaneous radius stabilization. Unlike the sphere and the so-called $S^2/Z_2$ compactifications, the massless $U(1)_X$ gauge boson is safely projected out. We show how a compactification on a non- orientable manifold results in a chiral four dimensional gauge theory by utilizing 6D chiral gauge and Yukawa interactions. The resultant Kaluza-Klein mass spectra are distinct from the ordinary UED models compactified on torus. We briefly comment on the anomaly cancellation and also on a possible dark matter candidate in our model.

2010年 6月 25日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 伊藤克美 氏 (新潟大学)
    • "Realization of Symmetry in ERG Approach to QFT"
    • 厳密くりこみ群(ERG)を用いた場の理論の取り扱いでは、 導入された運動量切断によって対称性が破れた様に 見えることがしばしば起こる.とりわけ重要な例は ゲージ対称性である.実際には、対称性が破れることは なく、変形を受けて維持される.今回のセミナーでは、 この問題の一般論と、具体的例をいくつか議論したい.

2010年 6月 18日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 久保幸貴
    • "Brownian motion in AdS/CFT"
    • Jan de Boer, Veronika E. Hubeny, Mukund Rangamani, Masaki Shigemori
    • JHEP 0907:094,2009

2010年 6月 11日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 吉本一世
    • "Origin of resonances in the chiral unitary approach"
    • Tetsuo Hyodo, Daisuke Jido, Atsushi Hosaka
    • Phys. Rev. C78, 025203

2010年 6月 4日 (金)

2010年 5月 28日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 奥村健一
    • "The electron and neutron EDM from supersymmetric see-saw thresholds"
    • G.F.Giudice, P. Paradisi and A. Strumia
    • arxiv:1003.2388

2010年 5月 21日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 大木洋 氏 (大阪大学)
    • "格子ゲージ理論を用いた共形ゲージ理論の探索"
    • 格子ゲージ理論を用いたゲージ結合定数の非摂動論繰り込み群の 振る舞いを計算する方法と、それを用いた我々の数値計算の結果 について紹介する。ゲージ理論はフレーバー数やゲージ群により 様々な相構造を持つと考えられ、特に非自明な赤外固定点が存在 する共形場の理論は、テクニカラー模型に応用出来る可能性があ り、現象論的にも重要となる。その具体的な候補である大きなフ レーバー数を持ったゲージ理論についても考察する。

2010年 5月 7日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 久保博文
    • "The nature of Lambda(1405) hyperon resonance in chiral dynamics"
    • D. Jido, T. Sekihara, Y. Ikeda, T. Hyodo, Y. Kanada-En'yo, E. Oset
    • arxiv:1003.4560 [hep-ph]

2010年 4月 30日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 石原雅文
    • "Holographic Berezinskii-Kosterlitz-Thouless Transitions"
    • Kristan Jensen, Andreas Karch, Dam T. Son, Ethan G. Thompson
    • arXiv:1002.3159v1 [hep-ph]

2010年 4月 23日 (金)

  • 文献紹介 14:00-

2010年 4月 16日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 青木一 氏 (佐賀大学)
    • "行列模型におけるトポロジーの研究"
    • 行列模型におけるトポロジーの定式化及びダイナミクスの解析について概説し、非可換トーラスを例にとり具体的に説明する。行列模型は弦理論や場の理論の定式化を与えるが、このようなトポロジーの研究がそれらに与える影響も考察する。

2010年 4月 9日 (金)

  • 研究室開き 18:00-

2010年 3月 16日 (火)

  • コロキウム 13:30-
    • 渡邊篤史
    • "Higher-dimensional seesaw"
    • 高次元モデルにおけるシーソー機構を、Kaluza-Klein 展開とバルク場のプロパゲーターを用いて議論する。 プロパゲーターを用いることにより、曲がった余剰次元でのニュートリノ質量が容易に計算できる。 また、余剰空間についてのバルク場の境界条件の違いが、どのようにニュートリノ質量に影響するかをみる。

  • 送別会 18:00-

2010年 3月 12日 (金)

2010年 2月 26日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 澤中英之

2010年 2月 17日 (水)

  • セミナー 14:00-
    • Rene Meyer 氏 (クレタ大学)
    • "Flavoured Holographic Duals of 3D Chern-Simons-Matter Theories"
    • Recently, a new holographic duality between a N=6 supersymmetric 3D Chern-Simons-Matter Theory and IIA superstring theory on AdS4xCP3 was  proposed by Aharony, Bergman, Jafferis and Maldacena (ABJM) in 0806.1218. I report on work presented in hep-th/0909.3845, which aims to generalise this duality by introducing additional matter fields in the fundamental representation of the gauge group into the setup of ABJM through the introduction of probe D branes. I will discuss several cases, some of them corresponding to defect conformal field theories in which the fundamental matter fields are localised on a defect. One particularly interesting case, an N=(0,6) supersymmetric 1+1-dimensional defect with just one left-handed chiral fermion propagating on it, might have interesting applications in 1-dimensional condensed matter systems.

2010年 2月 12日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
  • 卒論発表 16:00-
    • B4 特別研究生

2010年 2月 8日 (月) - 10日 (水)

  • 集中講義
    • 九後太一 氏 (京都大学 基礎物理学研究所)
    • "これからの素粒子物理学"
    • ゲージ理論にもとづく標準模型が確立した現在の素粒子論が直面する諸問題を整理し、その解決へ向けた研究の現状と課題を紹介する。

      まず標準模型が内包している諸問題を整理し、現在の素粒子論が答えるべき本質的問題は何かについて考察する。複合模型、超対称模型、大統一理論などのいくつかの試みを紹介する中で、問題のより深い理解を得、来るべき究極理論を構想する。

2010年 2月 5日 (金)

2010年 1月 29日 (金)

2010年 1月 26日 (火)

  • 博士論文公聴会 13:30-
    • 石原雅文

2010年 1月 25日 (月)

  • 修士論文論発表 予行 13:30-
    • 榮田達也
    • 田港朝貴

2010年 1月 22日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 佐野正和 氏 (北海道大学)

2010年 1月 8日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 幡中久樹 氏 (大阪府立大学)
    • "B→VV 偏極モードパズルとMSSM-Higgsペンギンによるスカラー―テンソル演算子"
    • We study the effect of b to s sbar s scalar/pseudoscalar operators in B to K eta('), phi K^* decays. In the minimal supersymmetric standard model (MSSM), such scalar/pseudoscalar operators can be induced by the penguin diagrams of neutral Higgs bosons. These operators can be Fierz-transformed into tensor operators, and the resultant tensor operators could affect the transverse polarization amplitudes in B to phi K^* decays. A combined analysis of the decays B to phi K^* and B to K eta('), including b to s sbar s scalar/pseudoscalar operators and their Fierz-transformed tensor operators originated from the MSSM, is performed. Our study is based on the followings: (1) Assuming that weak annihilations in B to phi K^* is negligible and the polarization puzzle is resolved by Fierz-transformed tensor operators, it results in too large coefficients of scalar/pseudoscalar operators, such that the resulting B to K eta(') branching fractions are much larger than observations. (2) When we take the weak annihilations in B to phi K^* into account, the polarization puzzle can be resolved. In this case, new physics effects are strongly suppressed and no more relevant to the enhancement of the transverse modes in B to phi K^* decays.

  • 研究室開き 18:00-