December

SuMoTuWe ThFrSa
123
456 78910
11121314 151617
181920 21222324
252627 28293031
2日(金)修論中間報告
セミナー
9日(金)文献紹介
修論中間報告
セミナー
16日(金)文献紹介
26日(月)研究室閉め

November

SuMoTuWe ThFrSa
12 345
678 9101112
13141516 171819
202122 23242526
272829 30
4日(金)文献紹介
11日(金)文献紹介
セミナー
18日(金)文献紹介
25日(金)修論中間報告

October

SuMoTuWe ThFrSa
1
234 5678
9101112 131415
161718 19202122
232425 26272829
3031
7日(金)文献紹介
21日(金)文献紹介
修論構想
さんま会
28日(金)文献紹介

September

SuMoTuWe ThFrSa
123
456 78910
11121314 151617
181920 21222324
252627 28293031
9日(金)文献紹介
研究室開き
30日(金)文献紹介

August

SuMoTuWe ThFrSa
123 456
789 10111213
14151617 181920
21222324 252627
28293031

July

SuMoTuWe ThFrSa
12
345 6789
10111213 141516
17181920 212223
24252627 282930
31
1日(金)セミナー
セミナー
8日(金)文献紹介
セミナー
15日(金)文献紹介
セミナー
26日(火)セミナー
27日(水)セミナー
29日(金)コロキウム
研究室閉め

June

SuMoTuWe ThFrSa
1 234
567 891011
12131415 161718
19202122 232425
26272829 30
3日(金)文献紹介
10日(金)セミナー
セミナー
17日(金)文献紹介
セミナー
24日(金)文献紹介

May

SuMoTuWe ThFrSa
123 456 7
8910 11121314
15161718 192021
22232425 262728
293031
13日(金)文献紹介
20日(金)文献紹介
セミナー
21-22日遠足
27日(金)文献紹介
セミナー

April

SuMoTuWe ThFrSa
12
345 6789
10111213 141516
17181920 212223
24252627 282930
8日(金)研究室開き
15日(金)文献紹介
25日(月)新歓コンパ

March

SuMoTuWe ThFrSa
12 345
678 9101112
13141516 171819
20212223 242526
27282930 31
4日(金)文献紹介
8日(火)特研発表
11日(金)文献紹介
29日(火)研究室〆

February

SuMoTuWe ThFrSa
12 345
678 9101112
13141516 171819
20212223 242526
2728
4日(金)コロキウム
7 - 9日集中講義
18日(金)セミナー
25日(金)文献紹介

January

SuMoTuWe ThFrSa
1
234 5678
9101112 131415
16171819 202122
23242526 272829
3031
7日(金)文献紹介
研究室開き
14日(金)文献紹介
21日(金)コロキウム
27日(木)博士論文公聴会
28日(金)コロキウム
修論発表 予行

行事予定 Schedule

セミナー等は通常 理学部 2号館 2623号室にて行われます。

2011年 12月 26日 (月)

  • 研究室閉め

2011年 12月 16日 (金)

  • 文献紹介 13:00-
    • 奥村健一
    • "Implications of a 125 GeV Higgs for supersymmetric models"
    • A. Arbey, M. Battaglia, A. Djouadi, F. Mahmoudi, J. Quevillon
    • arXiv:1112.3028 [hep-ph]

2011年 12月 9日 (金)

  • 修士論文中間報告 13:00-
    • 牧野広樹
  • セミナー 15:00-
    • 高柳匡 氏 (IPMU)
    • "AdS/CFT対応とエンタングルメント・エントロピー"
    • エンタングルメント・エントロピーは、量子多体系を特徴づける 基本的な量であり、空間の一部が「見えない」ときに、そのことに よって生じる情報のあいまいさを測る量である。この量は、量子情 報理論において本質的な量(情報量に相当する)であるのみならず、 最近の物性理論でも、複雑な量子系の基底状態を特徴づけるオーダ ーパラメーターとして盛んに用いられている。もともとこのエンタ ングルメント・エントロピーは、20年以上前、ブラックホールの エントロピーの微視的な起源となる可能性があると思われ場の理論 に導入された。しかし、この当時のアイデアは、そのままではうま くいかなかった。ところが、その後AdS/CFT対応という異なる次元 の理論を関係づける画期的な双対性が発見されると、実は重力理論 のエントロピーと場の理論のエンタングルメント・エントロピーは 本質的に関係づいていることが分かった。この講演者らの発見とそ の最近の発展について本講演ではレビューしたい。

2011年 12月 2日 (金)

  • 修士論文中間報告 13:00-
    • 水口拓也
  • セミナー 15:00-
    • 糸山浩 氏 (大阪市立大)
    • "D Term Dynamical Supersymmetry Breaking"

2011年 11月 18日 (金)

  • 文献紹介 13:00-
    • 久保博史

2011年 11月 11日 (金)

  • 文献紹介 13:00-
    • 田港朝貴
    • "Towards a Holographic Model of the QCD Phase Diagram"
    • Nick Evans, Astrid Gebauer, Keun-Young Kim
    • arXiv:1109.2633 [hep-th]
  • セミナー 15:00-
    • 西尾亮一 氏 (東大)
    • "Hard Scattering of Hadrons in Gravitational Description"
    • We study string scattering in AdS geometry, which is dual description of high energy hadron scattering. It has been known that in certain kinematical region the scattering amplitude of hadrons behaves like string thoery on flat spacetime, and in other region it behaves like perturbative QCD predicts. The gravitational description can show it. Moreover, nonperturbative properties of parton in hadron can be studied.

2011年 11月 4日 (金)

  • 文献紹介 13:00-
    • 榮田達也
    • "Redundancy of the off-shell parameters in chiral effective field theory with explicit spin-3/2 degrees of freedom"
    • H. Krebs, E. Epelbaum, U.-G. Meissner
    • Phys.Lett.B683:222-228,2010( arXiv:0905.2744v1 [hep-th])

2011年 10月 28日 (金)

  • 文献紹介 13:00-
    • 中野正之
    • "Three-Loop Superfiniteness of N=8 Supergravity"
    • Z. Bern, J. J. Carrasco, L. J. Dixon, H. Johansson, D. A. Kosower, R. Roiban
    • Phys.Rev.Lett.98:161303,2007( arXiv:hep-th/0702112v2)

2011年 10月 21日 (金)

  • 文献紹介 13:00-
    • 仲村崇大
    • "Upper Bound of the Lightest Higgs Boson Mass in the Minimal Supersymmetric Standard Model"
    • Yasuhiro Okada, Masahiro Yamaguchi, Tsutomu Yanagida
    • Prog.Theor.Phys. 85 (1991) 1-6
  • 第一回修論構想 15:00-
    • M2
  • さんま会(送別会)

2011年 10月 7日 (金)

  • 文献紹介 13:00-
    • 萩本啓
    • "A Large Mass Hierarchy from a Small Extra Dimension"
    • Lisa Randall, Raman Sundrum
    • Phys.Rev.Lett.83:3370-3373,1999( arXiv:hep-ph/9905221v1)

2011年 9月 30日 (金)

  • 文献紹介 13:00-
    • 原田恒司
    • "Bound $H$ Dibaryon in Flavor SU(3) Limit of Lattice QCD"
    • T. Inoue, et al. (HAL QCD Collaboration)
    • arXiv:1012.5928v2 [hep-lat]

2011年 9月 9日 (金)

2011年 7月 29日 (金)

  • コロキウム 15:00-
    • 山津直樹
    • "素粒子世代対称性を含む統一理論への試み"
    • カイラルな世代の存在とそれらの質量の階層構造を世代対称性の観点から統 一的に理解しうるかをこれまで議論してきました.これからさらにもう一歩進 んで世代対称性と大統一模型を含めた統一理論についての可能性を議論をした いと考えています.この方向での研究の現状について話そうと思います.

  • 研究室閉め

2011年 7月 27日 (水)

  • セミナー 16:30-
    • 亀田純 氏 (ICRR)
    • "T2K実験の最新結果"
    • 本発表ではT2K実験(Tokai to Kamioka ニュートリノ振動実験)の最新結果を報告する。T2K実験は、J-PARC 30GeV陽子シンクロトロンを用いて生成されたミューオン型ニュートリノを用い、295km離れた東京大学宇宙線研究所のスーパーカミオカンデへの飛行中にニュートリノのフレーバーが変化すること(ニュートリノ振動)を観測する事でニュートリノの混合角、質量差を測定する実験である。本実験の主目的の一つは、ミューオン型ニュートリノから電子型ニュートリノへのニュートリノ振動(ν_e appearance)を探索する事により、現在までに上限値しか与えられていないニュートリノ混合角の一つであるθ_13の有限値を世界で初めて測定する事である。本発表では、ニュートリノ振動に関して簡単に触れ、その後にT2K実験の概要、セットアップ等に関して説明をする。その後に実験開始の2010年1月から2011年3月までのデータを用いたν_e appearance探索の結果を報告する。また、もう一つの重要な研究対象である、ミューオン型ニュートリノのニュートリノ振動による減少(ν_μ disappearance)の研究結果も報告する予定である。

    • 会場:物理第1講義室(理学部2号館1階2149号室)

2011年 7月 26日 (火)

  • セミナー 15:00-
    • 清水裕彦 氏 (KEK)
    • "低速中性子を用いた高精度測定による新物理探索"
    • 低速中性子は顕著な波動性を持っており、波動関数の位相を利用すると、極めて微弱な相互作用を精度よく測定することが可能になる。その代表例は電気双極子能率の測定であり、標準理論を超える新物理研究の有力な手段の一つである。測定精度を高めるには、中性子を超冷領域まで減速して、物質容器に閉込めることが有効である。高精度測定には、より多くの中性子を制御された状態で計測装置に導く必要がある。特に低速中性子は検出に核反応を用いるため、飛跡検出器は事実上作れないため、結果的に光学的制御が必須となる。J-PARCの大強度陽子ビームは、極めて高い瞬間的位相空間密度を持つパルス中性子ビームをもたらした。パルスビームの場合には、光学系を中性子の到来時間に同期させることによって、より有効な光学的制御ができるため、従来の測定限界を超える物理研究が新たに可能となるものと期待している。物理測定の開始段階にある中性子寿命測定の概略を示すとともに、超冷及び熱外領域での時間反転対称性の破れ、冷及び極冷領域での短距離重力研究などの研究展開を紹介する。

    • 会場:物理第1講義室(理学部2号館1階2149号室)

2011年 7月 15日 (金)

  • 文献紹介 13:00-
    • 吉本一世
    • "The Three-boson system at next-to-leading order in the pionless EFT"
    • Chen Ji, Daniel R. Phillips, Lucas Platter
    • arXiv:1106.3837 [nucl-th]
  • セミナー 15:00-
    • 野村大輔 氏 (東北大)
    • "The MSSM confronts the precision electroweak data and the muon g-2"
    • We update the electroweak study of the predictions of the Minimal Supersymmetric Standard Model (MSSM) including the recent results on the muon anomalous magnetic moment, the weak boson masses, and the final precision data on the Z boson parameters from LEP and SLC. We find that the region of the parameter space where the slepton masses are a few hundred GeV is favored from the muon g-2 for \tan\beta \ltsim 10, whereas for \tan\beta \simeq 50 heavier slepton mass up to \sim 1000 GeV can account for the reported 3.2 \sigma difference between its experimental value and the Standard Model (SM) prediction. As for the electroweak measurements, the SM gives a good description, and the sfermions lighter than 200 GeV tend to make the fit worse. We find, however, that sleptons as light as 100 to 200 GeV are favored also from the electroweak data, if we leave out the jet asymmetry data that do not agree with the leptonic asymmetry data. We extend the survey of the preferred MSSM parameters by including the constraints from the b \to s \gamma transition, and find favorable scenarios in the minimal supergravity, gauge-, and mirage-mediation models of supersymmetry breaking.

2011年 7月 8日 (金)

  • 文献紹介 13:00-
    • 上農和人
    • "Hermitian Flavor Violation"
    • Jason Evans, Brian Feldstein, William Klemm, Hitoshi Murayama, Tsutomu T. Yanagida
    • arXiv:1106.1734v1 [hep-ph]
  • セミナー 15:00-
    • 岡田謙介 氏 (理研)
    • "偏極陽子衝突実験で探る陽子スピンの秘密"
    • 陽子は原子核の基本要素であり、その性質は良く知られている。質量や、本講演での主題であるスピンという性質もそのひとつである。しかし物質の 階層構造を一歩下ると、その陽子もクォークやグルーオンといった素粒子が閉じ込められた集合体であり、その陽子の性質がどのように組みあがってい るのかというのはごく自然な問いである。米国ブルックヘブン研究所では、世界唯一の偏極陽子衝突型加速器(RHIC)を用いてその陽子スピンの秘密に迫っている。最近ではスピン計画の 3本柱のひとつWボゾンを用いた反クォーク成分の測定をはじめたところである。本講演ではRHIC陽子スピン実験の10年の成果について、国際コラボレーション実験PHENIXでの体験を交えて報告する。

    • 会場:物理第2講義室(理学部2号館1階2155号室)
  • 花火大会 18:30-

2011年 7月 1日 (金)

  • セミナー 15:00-
    • 後藤亨 氏 (KEK)
    • "フレイバー物理と標準模型を超える物理"
    • Bファクトリー等の実験でフレイバー物理を調べることの意義は標準模型の 検証だけではなく、標準模型を超える素粒子物理の手がかりをつかむことにあ ります。本講演では超対称模型等での例を紹介し、標準模型を超える物理の影 響がどのようにフレイバー物理の観測量に現れることが期待されるかを解説し ようと思います。

  • セミナー 16:00-
    • 中村勇 氏 (KEK)
    • "BelleからBelle2実験へのアップグレードについて"
    • 1999年にData Takingを開始したBelle実験は、7.7億以上のBメソン対事象を採取して、昨年6月でData Takingを終了しました。このたくさんのデータを使った解析の結果、B粒子系でのCP対称性の破れのメカニズムの解明が進み、小林益川のノーベル賞につながったのは御存じだと思います。 現在はBelle実験で取ったデータの50倍のデータを集めることが出来るように実験のアップグレードを行なっている最中です。本講演ではBelle実験とBelle2実験へのupgradeについてなるべくわかりやすく解説したいと思います。

2011年 6月 24日 (金)

  • 文献紹介 13:00-
    • 奥村健一
    • "Top condensation as a motivated explanation of the top forward-backward asymmetry"
    • Y. Cui, Z. Han, M.D.Schwartz
    • arXiv:1106.3086 [hep-ph]

2011年 6月 17日 (金)

  • 文献紹介 13:00-
  • セミナー 15:00-
    • 進藤哲央 氏 (工学院)
    • "Decoupling property of SUSY Higgs sectors"
    • MSSMのヒッグスセクターを拡張したような模型を考える.シングレットを 1つ加えたNMSSMが有名であるが,それ以外にもトリプレットを導入したり, ダブレットのペアを1つ加えて4ヒッグスダブレットにする等の様々な拡張が 考えられる. これらの拡張模型に対して,直接発見されるのがMSSMに含まれるヒッグス 達(h,H,A,H^{\pm})だけのような場合に,MSSMヒッグスセクターに対して 模型による特徴がどのように表れるかを議論する.

    • 資料 (PDF) 研究室内からのみアクセス出来ます。

2011年 6月 10日 (金)

  • セミナー 13:00-
    • 田島治 氏 (KEK)
    • "インフレーション宇宙の痕跡を探す! - QUIET 実験の初期結果"
    • 宇宙初期に加速度的膨張「インフレーション」があったと記述するインフレー ション宇宙論、それはビッグバン宇宙論だけでは記述しきれない観測事実を見 事に説明する。そしてインフレーション宇宙論の決定的証拠となるのが、宇宙 背景放射 (CMB) 偏光の特殊なパターン「B モード」である。B モードは未発 見であり、様々な実験が壮絶な発見競争を繰り広げている。QUIET 実験は B モードの発見を目指して、チリアタカマ高地(海抜5千メートル)で2年以上にお よぶ観測を行ってきた。本講演ではその初期結果を報告すると共に、CMB 偏光 の測定方法等も出来るだけわかりやすく説明したい。また、次期実験の計画と 展望についても触れる。

    • 会場:物理第3講義室 (理学部2号館2階2249号室)
      会場:物理第2講義室(理学部2号館1階2155号室)
  • セミナー 15:00-
    • 夏梅誠 氏 (KEK)
    • "AdS/CFTによるダイナミック・ユニバーサリティクラスの解析とQCD臨界端点"
    • QCDには2次相転移を起こす臨界点が存在するとされており、臨界点近傍の物 理はRHICの将来計画の一つの大きな目標になっている。臨界点ではさまざまな 物理量に特異的な振るまいが見られるが、本講演ではAdS/CFT双対性の立場か ら、ラージNゲージ理論の動的なユニバーサリティ・クラスについて議論し、 我々の結果と実験との関係について議論する。

2011年 6月 3日 (金)

2011年 5月 27日 (金)

  • 文献紹介 13:00-
  • セミナー 16:00-
    • Jae Yu 氏 (University of Texas at Arlington)
    • "A Quest for the Origin of the Universe"
    • 詳細はこちら
    • 会場:物理第3講義室 (理学部2号館2階2249号室)

2011年 5月 21-22日

  • 遠足 13:00-
    • 山口

2011年 5月 20日 (金)

  • 文献紹介 13:00-
  • セミナー 15:00-
    • 山中真人 氏 (KEK)
    • "New Process for Charged Lepton Flavor Violation Searches: μ-e- -> e-e- in a Muonic Atom"
    • 標準模型を超えた物理の検証及び確立には荷電レプトンフレーバー数非保存 過程の探索が重要な役割を果たす。本講演では、その役割と代表的な探索実 験についてレビューを行ない、講演の主部として次世代の探索実験に向けた 新進的反応(mu^-e^- -> e^-e^- in muonic atom)について議論する。

2011年 5月 13日 (金)

2011年 4月 25日 (月)

  • 新歓コンパ 18:00-

2011年 4月 15日 (金)

  • 文献紹介 13:00-
    • 山津直樹
    • "CPT Violation Does Not Lead to Violation of Lorentz Invariance and Vice Versa"
    • M. Chaichian, A.D. Dolgov, V.A. Novikov, A. Tureanu
    • arXiv:1103.0168[hep-th]

2011年 4月 8日 (金)

  • 研究室開き 18:00-

2011年 3月 29日 (火)

  • 送別会 18:00-

2011年 3月 11日 (金)

2011年 3月 8日 (火)

  • 特研発表 13:30-
    • B4 特別研究生

2011年 3月 4日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 吉本一世
    • "Meson fluctuations and thermodynamics of the Polyakov-loop-extended quark-meson model"
    • V. Skokov, B. Stokic, B. Friman and K. Redlich
    • arXiv:1004.2665v1

2011年 2月 25日 (金)

  • 文献紹介 14:00-
    • 上農和人
    • "CP Violation in Supersymmetry with Effective Minimal Flavour Violation"
    • Riccardo Barbieri, Paolo Lodone, David M. Straub
    • arXiv:1102.0726v1 [hep-ph]

2011年 2月 18日 (金)

  • セミナー 14:00-
    • 桑木野省吾 氏 (名古屋大学)
    • "Heterotic Asymmetric Orbifold and E6 GUT Model"
    • 標準模型を超弦理論の有効理論として再現するときの可能性のひとつとして、 超対称大統一理論を仲介する可能性がある。そのなかでも、 大統一群の随伴表現ヒッグスのような大きな表現の場をもつ4次元の大統一理論を、 超弦理論に埋め込む方法として非対称オービフォルドコンパクト化がある。 本研究ではとくに、 湯川相互作用の階層性を自然な形で理解することに利点のある E6 大統一理論を、 ヘテロティック超弦理論のコンパクト化により実現することを試みた。 模型構築の方法として、lattice engineering technique や diagonal embedding method の手法を用いた結果、 Z12 非対称オービフォルド模型の枠組みで新たにふたつの3世代 E6 模型を構成した。

2011年 2月 7日 (月) - 9日 (水)

  • 集中講義
    • 駒宮幸男 氏 (東京大学)
    • "素粒子実験の基礎から展望まで"
    • 素粒子実験(特にエネルギーフロンティアでの実験) で用いる測定器の原理について概略を話してから、 今までの重要な素粒子実験に関して経験を交えて講義する。 また、CERNで始まったばかりのLHCでのヒッグス粒子や超対称性粒子の発見方法、 将来の電子陽電子衝突型加速器リニアコライダーでの精密実験や 将来の展望に関して講義する。 理論の大学院生が理解できるように努める。

      日程:
      • 2月7日(月) 13:30--16:00
      • 2月8日(火) 10:30--12:30, 13:30--16:00
      • 2月9日(水) 10:30--12:30
      場所:
      • 物理大学院講義室

2011年 2月 4日 (金)

  • コロキウム 14:00-
    • 久保博史
    • "Are pions perturbative or nonperturbative in NN scattering ? --Wilsonian RG analysis--"

2011年 1月 28日 (金)

  • 修論発表 予行 13:30-
  • コロキウム 16:00-
    • 澤中英之
    • "Cascade Hierarchy in SUSY SU(5) GUT"

2011年 1月 27日 (木)

  • 博士論文公聴会 16:00-
    • 山津直樹
    • "Unified Approach to Generations in Particle Physics Based on Noncompact Gauge Theory with Supersymmetry"

2011年 1月 21日 (金)

  • コロキウム 14:00-
    • 田港朝貴
    • "漸近的AdS時空上で加速する弦および拡張したリンドラー座標系でのホログラフィー"
    • 本コロキウムでは、 arXiv:1010.4396 [hep-th] に基づき、閉じ込め相にあるゲージ理論に対応する漸近的AdS時空上 で加速する弦の力学と、その弦の共同座標系である"拡張した "Rindler座標系でのホログラフィーに関して議論する。加速する弦を この時空に埋め込んだ時、その運動方程式の解はworld sheet上に horizonを持つという弦特有の性質がある事がわかる。さらに、"拡張 し た"Rindler座標系では、このworld sheet上のhorizonがbulk上の event horizonとなって現れる事がわかる。そこで我々はAdS/CFT対応 の手法を用いて、このRindler座標系でのevent horizonによる温度効 果を議論する。以上の内容をAdS/CFT対応の簡単な レビューを交えて行いたいと思う。

2011年 1月 14日 (金)

2011年 1月 7日 (金)