March

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
3日(金)特別研究生発表会
3日(金)セミナー
10日(金)リサーチレビュー
22日(水)追い出し会

February

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
10日(金)文献紹介
15日(水)-16日(木)物理学教室修論発表会
17日(金)文献紹介

January

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
19日(木)インフォーマルセミナー
20日(金)セミナー
24日(火)修論大講座発表会

December

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2日(金)修論構想2回目
16日(金)研究室会議

November

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
11日(金)文献紹介
25日(金)文献紹介

October

SuMoTuWe ThFrSa
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
7日(金)修論構想
21日(金)文献紹介
28日(金)文献紹介
31日(月)〜2日(水)集中講義

September

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
8日(金)研究室始め
16日(金)文献紹介

August

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

July

SuMoTuWe ThFrSa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
1日(金)文献紹介
15日(金)文献紹介
29日(金)研究室締め

June

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
3日(金)文献紹介
17日(金)文献紹介

May

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
20日(金)博士中間発表会
20日(金)文献紹介
28(土),29日(日)遠足

April

SuMoTuWe ThFrSa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
7日(木)入学式
8日(金)研究室開き
15日(金)文献紹介

March

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
4日(金)文献紹介
11日(金)リサーチレヴュー
19日(日) -22(火)物理学会

行事予定 Schedule

セミナー等は通常 ウエスト1号館 B-720号室 (伊都キャンパス) にて行われます。

2017年 2月 22日 (水)

  • 追い出し会

2017年 2月 10日 (金)

  • リサーチレビュー

2017年 3月 3日 (金)

  • セミナー 11:00-
    • 藤川和男
    • ``Dimensional regularization is generic,''
    • The absence of the quadratic divergence in the Higgs sector of the Standard Model in the dimensional regularization is usually regarded to be an exceptional property of a specific regularization. To understand what is going on in the dimensional regularization, we illustrate how to reproduce the results of the dimensional regularization for the λ4 theory in the more conventional regularization such as the higher derivative regularization; the basic postulate involved is that the quadratically divergent induced mass, which is independent of the scale change of the physical mass, is kinematical and unphysical. This is consistent with the derivation of the Callan-Symanzik equation, which is a comparison of two theories with slightly different masses, for the λ4 theory without encountering the quadratic divergence. We thus suggest that the dimensional regularization is generic in a bottom-up approach starting with a successful low-energy theory. We also define a modified version of the mass independent renormalization for a scalar field which leads to the homogeneous renormalization group equation. Implications of the present analysis on the Standard Model at high energies and the presence or absence of SUSY at LHC energies are briefly discussed.

    • arXiv:1605.05813
  • 研究室会議
  • 特別研究生発表会 14:00-

2017年 2月 24日 (金)

  • 研究室会議

2017年 2月 17日 (金)

  • 研究室会議
  • 文献紹介 14:00-
    • 笠井彩
    • ``Higher-Order Scheme-Independent Calculations of Physical Quantities in the Conformal Phase of a Gauge Theory,''
    • T.A.Ryttov and R.Shrock,
    • arXiv:1701.06083

2017年 2月 10日 (金)

  • 研究室会議
  • 文献紹介 14:00-
    • 牧野広樹
    • ``Flow equation for the scalar model in the large $N$ expansion and its applications,''
    • S.Aoki, J.Balog, T.Onogi and P.Weisz,
    • arXiv:1701.00046

2017年 1月 27日 (金)

  • 研究室会議
  

2017年 1月 20日 (金)

  • 研究室会議
  • セミナー 14:00-
    • 山津直樹
    • "Gauge Coupling Unification in Gauge-Higgs Grand Unification"
    • 近年標準理論を越える統一理論への試みの一つとしてゲージ・ヒッグス大統一理論が議論されている.五次元SO(11)ゲージ・ヒッグス大統一理論では標準理論のゲージボソンとヒッグスボソンはSO(11)バルクゲージボソンのゼロモードとして,標準理論のクォークとレプトンの各世代はSO(11)スピノルバルクフェルミオンのゼロモードとして実現される.また,この理論でのフェルミオン数の保存により陽子崩壊が禁止される.さらに,大統一理論の枠組みで避けて通れない電弱スケールと大統一スケールでのワインバーグ角の差を理解するためにゲージ結合定数の繰り込み群発展を議論した結果,四次元のゲージ結合定数が漸近的自由性を持ち,標準理論の三つのゲージ結合定数が高エネルギースケールにおいて統一されることを示した.本講演では,SO(11)ゲージ・ヒッグス大統一理論の概要を簡単に説明した後で,ゲージ・ヒッグス大統一理論でのゲージ結合定数の繰り込み群方程式を標準理論の場合と比較しながら議論する.本講演は主にPTEP(2016)043B02(arXiv:1512.05559)に基づく

2017年 1月 19日 (木)

  • インフォーマルセミナー 16:30-
    • 山津直樹
    • "Finite-Dimensional Lie Algebras and Their Representations for Unified Model Building"
    • 統一理論構築に必要とされる有限次元リー代数とその表現について有限次元表現の基本的な性質(次元,ディンキン指数,二次のカシミア,量子異常数,表現のタイプ)と部分代数の一般的な発見方法,表現の部分代数分解に必要とされる射影行列を良く知られている標準最大部分代数だけでなく特殊最大部分代数,さらに非最大部分代数の求め方,テンソル積等について,古典代数について任意のランクでの一般的な表式を与え,具体的な計算はランク15まで(D-タイプについてはランク16まで)と例外代数については全て計算し表にまとめ上げた.さらに,それらを四次元だけでなく高次元での大統一理論に適応した結果いくつかの新たな模型構築の知見が得られた.本講演では時間の許す範囲でそれらの結果について紹介したい.本講演は主にarXiv:1511.08771に基づく.

2017年 1月 13日 (金)

  • 研究室会議

2017年 1月 6日 (金)

  • 研究室会議
  • 文献紹介 14:00-
    • 大河内豊
    • ``Chiral rings and anomalies in supersymmetric gauge theory,''
    • F. Cachazo, M. R. Douglas, N. Seiberg and E. Witten,
    • arXiv:hep-th/0211170
  • 研究室始め

2016年 12月 16日 (金)

  • 研究室会議
  • 研究室締め

2016年 12月 2日 (金)

  • 研究室会議
  • 修論構想第2回目

2016年 11月 25日 (金)

  • 研究室会議
  • 文献紹介 14:00-
    • 稗田健治
    • "Nf=2+1 QCD thermodynamics from gradient flow"
    • Yusuke Taniguchi, Shinji Ejiri, Ryo Iwami, Kazuyuki Kanaya, Masakiyo Kitazawa, Hiroshi Suzuki, Takashi Umeda, Naoki Wakabayashi
    • arXiv:1609.01417
    •    
    • "Topological susceptibility in finite temperature (2+1)-flavor QCD using gradient flow"
    • Yusuke Taniguchi, Kazuyuki Kanaya, Hiroshi Suzuki, Takashi Umeda
    • arXiv:1611.02411

2016年 11月 18日 (金)

  • 研究室会議

2016年 11月 11日 (金)

  • 研究室会議
  • 文献紹介 14:00-
    • 森川億人
    • ``A Chiral Solution to the Ginsparg-Wilson Equation,''
    • D. M. Grabowska and D. B. Kaplan,
    • arXiv:1610.02151

2016年 11月 4日 (金)

  • 研究室会議

2016年 10月 31日〜11月2日 (月〜水)

  • 集中講義
    • 橋本 省二氏(高エネルギー加速器研究機構)
    • "量子色力学と格子ゲージ理論"
    • 授業概要:量子色力学の基本的性質、格子ゲージ理論の定式化と数値計算手法、強い相互作用の結合定数とクォーク質量の決定について概観する。\\ 授業計画: 1コマ:量子色力学の性質(核子の形状因子、パートン模型、漸近自由性、クォーク閉じ込め) 2コマ:格子ゲージ理論の基礎(ゲージ対称性、強結合展開、格子フェルミオンの問題) 3コマ:アノマリーと自発的対称性の破れ(格子フェルミオンとトポロジー、ゼロモード) 4コマ:強い相互作用の結合定数(現象論的決定と格子理論による決定) 5コマ:クォーク質量(重いクォークの現象論、カイラル有効理論、クォーク質量の決定)

2016年 10月 28日 (金)

  • 研究室会議
  • 写真撮影
  • 文献紹介 14:00-
    • 土屋創聖
    • "Emergence of the Electroweak Scale through the Higgs Portal,"
    • C.Englert, J.Jaeckel, V.V.Khoze and M.Spannowsky,
    • JHEP 1304, 060 (2013)
    • arXiv:1301.04224 [hep-ph]

2016年 10月 21日 (金)

  • 研究室会議
  • 文献紹介 14:00-
    • 釘崎充規
    • "Implications of Generalized Z-Z' Mixing"
    • K.S. Babu,Christpher Kolda,John March-Rushell
    • hep-ph/9710441

2016年 10月 7日 (金)

  • 研究室会議
  • 修論構想 14:00-

2016年 9月 16日 (金)

  • 研究室会議
  • 文献紹介 16:00-
    • 田尾周一郎
    • "Probing the scale of new physics by Advanced LIGO/VIRGO"
    • P.S.Bhupal Dev, A. Mazumdar
    • Phys. Rev. D 93, 104001 (2016)
    • arXiv:1602.04203 [hep-ph]

2016年 9月 9日 (金)

  • 研究室会議

2016年 9月 7日 (水)−9月9日(金)

  • Oliver Baer氏 集中講義

2016年 8月 31日 (水)−9月2日(金)

  • 瀬戸内サマーインスティチュート

2016年 7月 31日 (日)−8月 5日(金)

  • 三者夏の学校

2016年 7月 29日 (金)

  • 研究室会議(研究室締め)

2016年 7月 22日 (金)

  • 研究室会議

2016年 7月 15日 (金)

  • 研究室会議
  • 文献紹介 14:00-
    • 鈴木博
    • Low-energy effective action for pions and a dilatonic meson
    • M.Golterman and Y.Shamir
    • Phys. Rev. D 94 (2016) 054502
    • arXiv:1603.04575 [hep-ph]

2016年 7月 8日 (金)

  • 研究室会議

2016年 7月 1日 (金)

  • 研究室会議
  • 文献紹介 14:00-
    • 小島健太郎
    • "On the MSSM Higgsino mass and fine tuning,"
    • G.G. Ross, K. Schmidt-Hoberg and F. Staub
    • Phys. Lett. B 759 (2016) 110
    • arXiv:1603.09347 [hep-ph]

2016年 6月 24日 (金)

  • 研究室会議

2016年 6月 17日 (金)

  • 研究室会議
  • 文献紹介 15:20-

2016年 6月 10日 (金)

  • 研究室会議

2016年 6月 3日 (金)

  • 研究室会議
  • 文献紹介 15:20-
    • 原田恒司
    • "An exact mapping between the Variational Renormalization Group and Deep Learning"
    • Pankaj Mehta, David J. Schwab
    • arXiv:1410.3831 [stat.ML]

2016年 5月 28日 (土)−29日(日)

  • 遠足

2016年 5月 27日 (金)

  • 研究室会議

2016年 5月 20日 (金)

  • 研究室会議
  • 文献紹介 15:20-

2016年 5月 13日 (金)

  • 研究室会議

2016年 4月 22日 (金)

  • 研究室会議

2016年 4月 15日 (金)

  • 研究室会議
  • 文献紹介 15:20-

2016年 4月 8日 (金)

  • 研究室開き

2016年 3月 4日 (金)

  • 文献紹介 14:50-
    • 大河内 豊
    • "Seiberg Witten 理論 入門"