February

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
15日(木), 16日(金)修論発表会
19日(水)文献紹介

January

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
15日(月)研究室開き
24日(水)大講座修論発表会

December

SuMoTuWe ThFrSa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
25日(月)研究室締め

Nobember

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
10日(金)セミナー
11日(金)第二回修論構想
  

October

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
6日(金)修論構想
23日(月)-25日(水)集中講義
 

September

SuMoTuWe ThFrSa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
8日(金)研究室開き
27日(金)セミナー

August

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
4日(金)研究室締め
 

July

SuMoTuWe ThFrSa
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
14日(金)セミナー

June

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
3日(土)遠足

May

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
19日(金)博士中間発表

April

SuMoTuWe ThFrSa
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
7日(金)研究室開き

March

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
3日(金)特別研究生発表会
3日(金)セミナー
10日(金)リサーチレビュー
22日(水)追い出し会

行事予定 Schedule

セミナー等は通常 ウエスト1号館 B-720号室 (伊都キャンパス) にて行われます。

2018年 2月 26日 (月)

  •  研究室会議

2018年 2月 19日 (月)

  •  研究室会議
  •  
  • 文献紹介 15:30-
    • 奥村健一
    • Neutron Star Mergers Chirp About Vacuum Energy
    • C.Cs,Aa(Bki, C.Er,Av(Bncel, J.Hubisz, G.Rigo and J.Terning,
    • arXiv:1802.04813

2018年 2月15日 (水)-2月16日(金)

  • 修論発表会

2018年 2月8日 (木)

  • 談話会 16:00-
    • 阪村 豊
    • "N=1 superfield description of 6D SUGRA and its effective theory"
    • 一般に高次元超対称理論に基づく現象論を議論する場合、元の理論を4次元 N=1超場で記述することにより4次元有効理論の導出が見通しよく行える。 本講演では特に6次元超重力理論に着目し、そのN=1超場による記述を求める。 6次元超重力理論には自己双対なテンソル場が存在する為、一般にLagrangian による記述が難しい。 しかしテンソル超多重項が1つだけ存在する場合はそれに含まれる反自己双対 テンソルと組み合わせることにより、Lagrangianによる記述が可能になることが 知られている。 ここではそのような状況で各6次元超多重項がどのようなN=1超場に分解され、 6次元作用がそれらの超場によってどのように記述されるのかを明らかにする。 更にその結果を用いて2次元空間がコンパクト化された場合の4次元有効理論の 導出についても議論する。

2018年 2月7日 (水)-2月9日(金)

  • 集中講義 10:30-
    • 阪村 豊
    • "超重力理論入門"
    • 本講義では、主に4次元N=1超重力理論についてその概要を解説する。 特に一般的なセットアップを扱える超共形定式化に基づいて超ポアンカレ不変な 作用の構成方法とその性質を説明する。さらに時間の許す範囲で5次元超重力理 論についても紹介する。

2018年 2月 5日 (月)

  •  研究室会議

2018年 1月 29日 (月)

  •  研究室会議
  •  
  • 文献紹介 15:30-
    • 原田恒司
    • Dark Matter Interpretation of the Neutron Decay Anomaly
    • Bartosz Fornal, Benjamin Grinstein
    •    
    • arXiv:1801.01124v2

2018年 1月 24日 (水)

  •  大講座修論発表会 13:00-

2018年 1月 15日 (月)

  •  研究室開き

2017年 12月 25日 (月)

  •  研究室締め

2017年 12月 22日 (金)

  •  ニュートン祭懇親会 

2017年 12月 18日 (月)

  •  研究室会議
  •  ニュートン祭 研究室訪問 16:30-

2017年 12月 11日 (月)

  •  研究室会議
  •  第二回修論構想

2017年 11月 27日 (月)

  •  研究室会議

2017年 11月 20日 (月)

  •  研究室会議
  •  
  • 文献紹介 15:30-
    • 笠井彩
    • "Circle compactification and 't Hooft anomaly"
    • Yuya Tanizaki, Tatsuhiro Misumi, Norisuke Sakai
    • arXiv:1710.08923

2017年 11月 13日 (月)

  •  研究室会議

2017年 11月10日 (金)

  • セミナー 15:00-
    • 米倉和也
    • "Anomaly constraints on QCD phase transition"
    • I will talk about constraints on thermal phase transition in gauge theories such as massless QCD. The deconfinement temperature must be larger than or equal to the chiral phase transition temperature, and the equality is possible only for 1st order phase transition. The argument uses ’t Hooft anomaly between the chiral symmetry and the center symmetry, or a generalized version of it. Topology of gauge fields, such as fractional instanton numbers, plays the crucial role.

2017年 11月 6日 (月)

  •  研究室会議
  •  
  • 文献紹介 15:30-
    • 大河内豊
    • "Reading between the lines of four-dimensional gauge theories"
    • Ofer Aharony, Nathan Seiberg, Yuji Tachikawa
    • arXiv:1305.00318
    • "Generalized Global Symmetries"
    • Davide Gaiotto, Anton Kapustin, Nathan Seiberg, Brian Willett
    • arXiv:1412.5148

2017年 10月23日 (月)-10月25日(水)

  • 集中講義 10:30-
    • Yu-tin Huang
    • "S-matrix, an on-shell approach to QFT"
    • A series of lectures on quantum field theory mainly from the perspective of the S-matrix theory will be given.

2017年 10月 16日 (月)

  •  ニュートン祭写真撮影 15:00-

2017年 10月 13日 (金)

  •  研究室会議
    •  
    • 文献紹介 14:00-
      • 下条昂礼
      • "格子上の場の理論" 第4,5,10,12,13,14章
      • 青木慎也、シュプリンガー・フェアラーク東京株式会社、2005

2017年 10月 6日 (金)

  •  研究室会議
  •  修論構想

2017年 9月27日 (木)

  • セミナー 13:30-
    • 谷崎佑弥
    • "`t Hooft anomaly, global inconsistency, and applications"
    • I 'm going to review about recent developments of 't Hooft anomaly matching and talk its recent generalizations called "global inconsistency". I want to also talk about physical applications of these mathematical technologies.

 

2017年 9月 21日 (木)

       
    • 文献紹介 14:00-
      • 釘崎充規
      • "SU(5) unification revisited"
      • Amit Giveon, Lawrence J. Hall, Uri Sarid
      • Physics Letters B271 (1991) 138-144
      • "HIGGS BOSONS IN SO(10) AND PARTIAL UNIFICATION"
      • F.Del Auila, L.E.Ibanez
      • Nuclear Physics B177 (1981) 60-81
      • 森川億人
      • "String theory" 第15、19章
      • J. Polchinski, Cambridge University Press, 1998
      • 「共形場理論」第6、7章
      • 江口徹、菅原祐二、岩波書店、2015
       

2017年 8月 4日 (金)

  •  研究室会議
    •  
    • 文献紹介 14:00-
      • 土屋創聖
      • "Dynamical rearrangement of gauge symmetry on the orbifold S^1/Z_2,"
      • arXiv:hep-ph/0212035
       
    •  研究室締め

2017年 7月 28日 (金)

  •  研究室会議

2017年 7月 21日 (金)

  •  研究室会議
    •  
    • 文献紹介 14:00-
      • 田尾周一郎
      • "Hearing the signals of dark sectors with gravitational wave detectors,"
      • Joerg Jaeckel, Valentin V. Khoze and Michael Spannowsky
      • PhysReVD.94.103519, arXiv:1602.03901

2017年 7月 14日 (金)

  • 研究室会議
  • セミナー 15:00-
    • 山津 直樹
    • ``Special Grand Unification''
    • 通常用いられる正則部分群だけでなく特殊部分群を用いた新しいタイプの大統一理論``特殊大統一理論''を議論する.この枠組みでは低エネルギーでカイラルゲージ理論である標準理論を実現するためには四次元の量子異常の相殺条件から標準理論や通常の大統一理論で自由に選ぶことのできる世代数に制限が得られる.本講演ではまず大統一ゲージ群SU(16)群が特殊部分群SO(10)へ自発的に破れる場合の四次元SU(16)特殊大統一理論についての成功と失敗を述べた後で,六次元オービフォールド時空上でのSU(16)特殊大統一理論について次の三つの内容を説明したい;(1)六次元のSU(16)の16次元表現のワイルフェルミオンが四次元の標準理論のワイルフェルミオンに対応付けられる.(2)三世代の標準理論フェルミオンが存在する場合にはバルクと固定点での全ての量子異常が相殺される.(3)余分なエキゾチックカイラルフェルミオンが存在しない.本講演は主にarXiv:1704.08827に基づく.

    • arXiv:1704.08827

2017年 7月 7日 (金)

  •  研究室会議

2017年 6月 30日 (金)

  •  研究室会議

2017年 6月 23日 (金)

  •  研究室会議

2017年 6月 16日 (金)

  •  研究室会議

2017年 6月 9日 (金)

  •  研究室会議
    •  
    • 文献紹介 14:00-
      • 鈴木博
      • "A practical approach to the Hamilton-Jacobi formulation of holographic renormalization,"
      • Henriette Elvang and Marios Hadjiantonis,
      • arXiv:1603.04485
      • "The holographic renormalization group,"
      • Jan de Boer,
      • arXiv:hep-th/0101026

2017年 6月 3日 (土)

  •  遠足

2017年 6月 2日 (金)

  •  研究室会議

2017年 5月 26日 (金)

  •  研究室会議
    •  
    • 文献紹介 14:00-
      • 小島健太郎
      • "A Clockwork Theory,"
      • G. F. Giudice and M. McCullough,
      • arXiv:1610.07962

2017年 5月 19日 (金)

  •  研究室会議
    •  
    • 博士中間発表 14:40-17:00

2017年 5月 12日 (金)

  •  研究室会議
    •  
    • 文献紹介 14:00-
      • 奥村健一
      • "A Challenge to Lepton Universality in B Meson Decays,"
      • G.Ciezarek, M.Franco Sevilla, B.Hamilton, R.Kowalewski, T.Kuhr, V.Lth and Y.Sato,
      • arXiv:1703.01766
      • "Minimal Leptoquark Explanation for the R$_{D^{(*)}}$ , R$_K$ , and $(g-2)_g$ Anomalies,"
      • M. Bauer and M. Neubert,
      • Phys.Rev.Lett.116.141802(arXiv:1511.01900)
      • ``$R_{D^{(*)}}$ anomaly: A possible hint for natural supersymmetry with $R$-parity violation,''
      • W. Altmannshofer, P. S. B. Dev and A. Soni,
      • arXiv:1704.06659

2017年 4月 28日 (金)

  •  研究室会議

2017年 4月 21日 (金)

  •  研究室会議

2017年 4月 14日 (金)

  •  研究室会議
    •  
    • 文献紹介 14:00-
      • 原田恒司
      • Concordance cosmology without dark energy
      •    
      • Gbor Rcz, Lszl Dobos, Rbert Beck, Istvn Szapudi, Istvn Csabai
      • arXiv:1607.08787v2

2017年 4月 7日 (金)

  •  研究室会議
2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006