August

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
4日(金)研究室締め
 

July

SuMoTuWe ThFrSa
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
14日(金)セミナー

June

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
3日(土)遠足

May

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
19日(金)博士中間発表

April

SuMoTuWe ThFrSa
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
7日(金)研究室開き

March

SuMoTuWe ThFrSa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
3日(金)特別研究生発表会
3日(金)セミナー
10日(金)リサーチレビュー
22日(水)追い出し会

行事予定 Schedule

セミナー等は通常 ウエスト1号館 B-720号室 (伊都キャンパス) にて行われます。  

2017年 8月 4日 (金)

  •  研究室会議
    •  
    • 文献紹介 14:00-
    • 土屋創聖
    • "Dynamical rearrangement of gauge symmetry on the orbifold S^1/Z_2,"
    • arXiv:hep-ph/0212035
     
  •  研究室締め

2017年 7月 28日 (金)

  •  研究室会議

2017年 7月 21日 (金)

  •  研究室会議
    •  
    • 文献紹介 14:00-
    • 田尾周一郎
    • "Hearing the signals of dark sectors with gravitational wave detectors,"
    • Joerg Jaeckel, Valentin V. Khoze and Michael Spannowsky
    • PhysReVD.94.103519, arXiv:1602.03901

2017年 7月 14日 (金)

  • 研究室会議
  • セミナー 15:00-
    • 山津 直樹
    • ``Special Grand Unification''
    • 通常用いられる正則部分群だけでなく特殊部分群を用いた新しいタイプの大統一理論``特殊大統一理論''を議論する.この枠組みでは低エネルギーでカイラルゲージ理論である標準理論を実現するためには四次元の量子異常の相殺条件から標準理論や通常の大統一理論で自由に選ぶことのできる世代数に制限が得られる.本講演ではまず大統一ゲージ群SU(16)群が特殊部分群SO(10)へ自発的に破れる場合の四次元SU(16)特殊大統一理論についての成功と失敗を述べた後で,六次元オービフォールド時空上でのSU(16)特殊大統一理論について次の三つの内容を説明したい;(1)六次元のSU(16)の16次元表現のワイルフェルミオンが四次元の標準理論のワイルフェルミオンに対応付けられる.(2)三世代の標準理論フェルミオンが存在する場合にはバルクと固定点での全ての量子異常が相殺される.(3)余分なエキゾチックカイラルフェルミオンが存在しない.本講演は主にarXiv:1704.08827に基づく.

    • arXiv:1704.08827

2017年 7月 7日 (金)

  •  研究室会議

2017年 6月 30日 (金)

  •  研究室会議

2017年 6月 23日 (金)

  •  研究室会議

2017年 6月 16日 (金)

  •  研究室会議

2017年 6月 9日 (金)

  •  研究室会議
    •  
    • 文献紹介 14:00-
    • 鈴木博
    • "A practical approach to the Hamilton-Jacobi formulation of holographic renormalization,"
    • Henriette Elvang and Marios Hadjiantonis,
    • arXiv:1603.04485
    • "The holographic renormalization group,"
    • Jan de Boer,
    • arXiv:hep-th/0101026

2017年 6月 3日 (土)

  •  遠足

2017年 6月 2日 (金)

  •  研究室会議

2017年 5月 26日 (金)

  •  研究室会議
    •  
    • 文献紹介 14:00-
    • 小島健太郎
    • "A Clockwork Theory,"
    • G. F. Giudice and M. McCullough,
    • arXiv:1610.07962

2017年 5月 19日 (金)

  •  研究室会議
    •  
    • 博士中間発表 14:40-17:00

2017年 5月 12日 (金)

  •  研究室会議
    •  
    • 文献紹介 14:00-
    • 奥村健一
    • "A Challenge to Lepton Universality in B Meson Decays,"
    • G.Ciezarek, M.Franco Sevilla, B.Hamilton, R.Kowalewski, T.Kuhr, V.Lth and Y.Sato,
    • arXiv:1703.01766
    • "Minimal Leptoquark Explanation for the R$_{D^{(*)}}$ , R$_K$ , and $(g-2)_g$ Anomalies,"
    • M. Bauer and M. Neubert,
    • Phys.Rev.Lett.116.141802(arXiv:1511.01900)
    • ``$R_{D^{(*)}}$ anomaly: A possible hint for natural supersymmetry with $R$-parity violation,''
    • W. Altmannshofer, P. S. B. Dev and A. Soni,
    • arXiv:1704.06659

2017年 4月 28日 (金)

  •  研究室会議

2017年 4月 21日 (金)

  •  研究室会議

2017年 4月 14日 (金)

  •  研究室会議
    •  
    • 文献紹介 14:00-
    • 原田恒司
    • Concordance cosmology without dark energy
    •    
    • Gbor Rcz, Lszl Dobos, Rbert Beck, Istvn Szapudi, Istvn Csabai
    • arXiv:1607.08787v2

2017年 4月 7日 (金)

  •  研究室会議
2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006